でおすすめアイテム クラフトビール beer よなよなエール 603円 350ml×12本 詰め合わせ3 最低価格の

クラフトビール beer よなよなエール 350ml×12本 詰め合わせ3,603円

でおすすめアイテム。 クラフトビール beer よなよなエール 603円 350ml×12本 詰め合わせ3 2522円 クラフトビール beer よなよなエール 350ml×12本 詰め合わせ3,603円 食品 ドリンク、水、お酒 ビール、発泡酒 クラフトビール,nanjare.com,食品 , ドリンク、水、お酒 , ビール、発泡酒,/maconite983883.html,よなよなエール,2522円,beer,350ml×12本,詰め合わせ3,603円 2522円 クラフトビール beer よなよなエール 350ml×12本 詰め合わせ3,603円 食品 ドリンク、水、お酒 ビール、発泡酒 クラフトビール,nanjare.com,食品 , ドリンク、水、お酒 , ビール、発泡酒,/maconite983883.html,よなよなエール,2522円,beer,350ml×12本,詰め合わせ3,603円 でおすすめアイテム。 クラフトビール beer よなよなエール 603円 350ml×12本 詰め合わせ3

2522円

クラフトビール beer よなよなエール 350ml×12本 詰め合わせ3,603円

グラスからはグレープフルーツ等の柑橘類を思わせるホップ香がフレッシュに香ります。喉をとおったあとも、香りが心地よくとどまりつづけ、“戻り香”が鼻を抜けるように醸造。ゆったりとした余韻にあなたをいざないます。クラフトビールの王道の味わいを追求した、アメリカンペールエールです。

【製品詳細】
名称:ビール
内容量:350ml
アルコール度数:5.5%
原材料:麦芽・ホップ

商品名:クラフトビール beer よなよなエール 350ml×12本 地ビール













グラスからはグレープフルーツ等の柑橘類を思わせるホップ香がフレッシュに香ります。喉をとおったあとも、香りが心地よくとどまりつづけ、“戻り香”が鼻を抜けるように醸造。ゆったりとした余韻にあなたをいざないます。クラフトビールの王道の味わいを追求した、アメリカンペールエールです。

【製品詳細】
名称:ビール
内容量:350ml
アルコール度数:5.5%
原材料:麦芽・ホップ

商品名:クラフトビール beer よなよなエール 350ml×12本 地ビール

もうひとりの自分にであうこの時間

よなよなエール

クラフトビールの王道の味わいを追求した、アメリカンペールエール。
アロマホップ「カスケード」の柑橘類を思わせるフレッシュな香りと、やさしいモルトの甘みが特徴です。ビールが喉をとおったあとも、香りが心地よくとどまりつづけるよう醸造しました。

よなよなエール 12缶セット

3,603 税込
送料込み

買い物かごへ

送料・梱包費として300円が含まれています

クラフトビール beer よなよなエール 350ml×12本 詰め合わせ3,603円

スキー場で飲んで美味しかったので、酒屋さんに行って24本購入したのが懐かしい。まあ一目惚れみたいなものです。スキーに行かないときにも、行く人に頼んで入手したり入手しずらかったのですが、ここ7,8年はネット通販などもあり、入手しやすくなりました。もう、毎晩飲むのが楽しいです。今までのビールは何だったの?と、皆さんも気づいてほしいですね。しかし、この文を読む人は、ほぼよなよなエールファン・・・・!? 
インドの青鬼の苦味を少しだけマイルドにした感じ、 ホップのフルーティ〜な香りはそのままに、 非常に美味しいです。冷やしすぎず13度が良いと書いてあります。 広口のグラスの方が香りを楽しめるし、 少し注ぐ前に冷蔵庫から出して数分置いてからの方がうまいです。 温度管理からしても、ぐいっと一気にいくより、会話と料理を楽しみながら、ゆっくり味わいながら飲んだら一番美味しいと思いました。
YouTubeの源流居酒屋さんが美味しそうに飲んでいるを見て、どんなもんかどうしても飲んでみたくなり購入させて頂きました。缶を開けると柑橘系の良い香りがして、ホントにビールかなと思いますが味はラガーに近い気がしました。飲むたびにフルーティさを感じます。確かにうまいけど値段が高過ぎてとても毎日飲めません。
噂には聞いていましたが、初のよなよなエールビールです。クラフトビール自体は好きで飲んでいましたが、よなよなというネーミングがふざけているみたいで抵抗がありました。飲んでみたら、本当に毎日夜な夜な飲んでみたいビール。そんな癖があるわけでもないですが、名前とうらはら(まだ言っていますが笑)上品な感覚のビールと思います。ここのメーカーは独特なネーミングですので今まで躊躇していた分、他のよなよな系ビールも試そうかと思います。